リンパのしくみ

リンパ系とは

体の中には「リンパ管」という細かい管が、くまなく張り巡らされています。
リンパ管は細くて透明の管で、その中にはリンパ液という無色透明の液体が流れています。
リンパ管は合流しながら次第に太くなり、首や脇の下、ももの付け根などにリンパ管が合流する部分にリンパ節があります。
リンパ節はいわいるリンパ管の中継地点になります。
リンパ管は、最後には一本になり、上大静脈が鎖骨下動脈と分岐する部分で血管と合流します。
血管に流れ込んだリンパ液は心臓や動脈を通って全身に送られます。
リンパとは、このようなリンパ管のネットワークを指します。

リンパの役割

リンパには大きく分けて「排泄機能」「免疫機能」の役割があります。リンパの流れが滞ると、余分な水分や老廃物や毒素が体内に蓄積されて、免疫機能や栄養素の取り込みが正しく行われなくなり、むくみやたるみ、体調不良など様々な障害が現れます。

リンパ液とは

人間の体の約60~70%が水分で、この水分は体液のことで血液、リンパ液、組織液です。リンパ液とは毛細血管からしみ出た血しょうがリンパ管に入り込んだもので、古い細胞や血球のかけらなどの老廃物や、腸管で吸収された脂肪を運ぶ役割をしています。

リンパ液は、リンパ管を流れた後、血管に入り、心臓、動脈を流れた後に、毛細血管からしみ出し、再びリンパ管に入り込むという循環をしています。

ケガをした時透明な液体が出てきてきた経験はありませんか⁈
これは細胞の周りにある栄養水「組織液」
採血した後、試験管の中で半透明な液体が上澄みに出てきますが、これが「血しょう」
この「血しょう」が血管の外にしみ出すと「組織液」となり、リンパ管に回収されると「リンパ液」となります。

また、リンパ液には毛細血管からリンパ液も流れ込み、リンパ球は人体に害を及ぼす微生物が侵入した時に、それを識別して抗体を作り撃退します。

リンパ球の働き

リンパ球は一度戦った細胞やウイルスの性質を記憶していて、同じ病原菌が再度侵入した時に抗体を産生して体を守る生体防御の能力があります。

リンパ球は寿命がくれば死滅しますが、この記憶は新しく作られるリンパ球にも延々と引き継がれます。この仕組みを免疫といい、がん細胞に対しても働きます。
体が健康な場合は、異常な細胞が増殖すると大部分が消滅させられますが、自分の細胞ががん細胞によって変化してしますと免疫の働きが弱くなります。
そのため体が弱って免疫能力が落ち込むと、がん細胞は増殖し始めます。

リンパ節の働き

リンパ節はリンパ管が合流する部分にある球状の構造をしています。
大きさは様々で形も場所によって様々です。全身に約800個あり、主に頸部の周り、脇の下、ももの付け根周辺に多く分布しています。
リンパ節には、リンパ管を流れる病原菌や毒素、老廃物などを取り除き、リンパ液をろ過する作用があり、骨髄でつくられたリンパ球を一時的に蓄え、成熟させる働きがあります。

リンパマッサージにおける重要なリンパ節

リンパ液を流すには下記のような部分にあり、老廃物をろ過する役目をもつリンパ節です。
細いリンパ管が合流しながらより太いリンパ管になり、最終的に左の鎖骨にあるリンパ節に到達して静脈に繋がります。

 

リンパは病気から体を守っています

リンパの大きな役割は、「免疫機能」です。
リンパ節の役割は、菌が体内に侵入してこないように「関所」の役目をしていて、最終的心臓や脳に流れ込まないように、何重にもチェックを行っています。
その「免疫システム」のお陰で、私たちの体は病気にかからないようにできているのです。

体には本来、体内や血液中に細菌やウイルスが侵入すると、体を守る「白血球」が反応し退治してくれますが、組織液に病原菌がいた場合、即座にリンパ管に回収され、リンパ節へと運ばれます。

リンパ節の中身はフィルター状の構造になっているので、菌はリンパ液から除去され、しかもリンパ節内には、白血球の中でも「リンパ球」を作っているので、病原菌が通過して全身に回ることを阻止してくれます。

リンパ節は「マクロファージ」もつくっていて、侵入してきた細菌やウイルスをリンパ球が退治し残骸などをマクロファージが食べてくれます。

耳の下にあるリンパ節のグリグリしたものが大きくなり、腫れて痛くなった経験はないですか?!免疫力が落ち細菌の力が強まると、リンパ節の中で、リンパ球をたくさん作り出すために、腫れてしまうのです。

つまりリンパ節が腫れるのは、リンパ球が体内の細菌と戦っている証拠。

リンパのネットワークが正常に活動していれば、私達の体を細菌やウィルスから守ってくれ老廃物もきちんと排出されます。

常にクリーンなリンパ液が体内を循環し、細胞も栄養を受けイキイキと活動するためにリンパマッサージは必要です

体液の循環について

血液やリンパ液といった体液は、心臓を起点として出て行き全身を巡って帰ってきます。

「行き」は、動脈を流れる血液として心臓から勢いよく押し出され、全身の栄養や酸素を運びます。
一方「帰り」は、各細胞からでた余分な老廃物を回収し心臓に戻っていきます。
老廃物を回収する働をするのは主に静脈ですが、そこに入りきらなかった老廃物は「リンパ管」を通って心臓に向かいます。

リンパはゆっくり流れている

リンパ管には、「浅いリンパ」「深いリンパ」があり、左右の流れは異なります。
また、リンパの流れはゆっくりです。

右リンパと左リンパの流れ

全身のリンパの流れは、左側と右側では異なる経路で、体の左側は下半身の「浅いリンパ」からお腹の「深いリンパ」「胸管(左リンパ本管)」から左上半身のリンパと合流し、左の鎖骨下にある「静脈角」へ流れます。

体の右側の流れは、右腕と右上半身の「浅いリンパ」から「右リンパ本管」に集まり、右の鎖骨下にある「静脈角」へと流れます。

浅いリンパ管と深いリンパ管の違い

「浅いリンパ」は、皮膚のすぐ下、静脈の近くを流れていています。
そのためマッサージでリンパの流れを良くすることで、むくみや筋肉疲労、肩凝り、腰痛など改善され、またリンパ液の代謝も良くなり、自律神経の乱れも整っていきます。

「深いリンパ」は、体の深部を流れているリンパです。
血管に沿って流れ、内臓にからみつくように張り巡らされているため、刺激を与えることでリンパの流れが良くなり内臓の働きを良くします。

リンパが流れるスピード

リンパの流れはとてもゆっくりです。
心臓から出ていき血液が体内を一周し戻ってくるのにかかる時間は40秒に対して、リンパ液が心臓まで辿りつくまでにかかる時間は12時間~24時間とも言われています。
さらに年齢を重ねることにより、ただでさえ遅いリンパの流れがさらに遅くなります。

そこで、リンパマッサージでリンパ液の流れをスムーズにしてあげることで、老廃物を体外に排出されやすくなり健康維持につながります。

血液とリンパ液の役割

体内には、血管を流れる「血液」と、リンパ管を流れる「リンパ液」があり、どちらも最終的に心臓に向かいますが、「血液」は心臓から動脈に入り、毛細血管に至ると次は静脈から心臓へと戻ってきます。

血液の役割

動脈を通して体に必要な酸素や栄養素を細胞に届け、静脈を通して体の各部で生じた老廃物や二酸化炭素を運び出すことで、動脈も静脈も心臓のポンプ機能によって全身を循環しています。

リンパの役割

リンパには大きく分けて「排泄機能」と「免疫機能」の役割があります。リンパの流れが滞ると、余分な水分や老廃物や毒素が体内に蓄積されて、免疫機能や栄養素の取り込みが正しく行われなくなり、むくみやたるみ、体調不良など様々な障害が現れます。

リンパ系には心臓のようなポンプ機能を持たない代りに、リンパ管自体に自発的に収縮するポンプ機能があり、この作用によってリンパ液が流れます。
ただし、心臓のように強力なポンプ機能はもたず、またリンパ管に流れ込むリンパ液自体も少ないため、リンパは血液と異なりゆっくり流れています。
寝ている時は、リンパ管の自発的な小さなポンプ機能でもよいのですが、日中活動している時は、リンパ管の周囲にある「筋肉」が重要なポンプの役割をしています。

しかし、女性は男性に比べると筋肉量が少なく、また運動不足、デスクワークなどで筋肉量が足らなくなるためリンパマッサージが効果的です。

またリンパマッサージは、健康効果のほかに、美容効果癒し効果も高く、リンパの流れを良くし細胞を活性化させ新陳代謝を促がす最高の健康施術です。

 

リンパ
silk45をフォローする
交野市マッサージ 45歳からの更年期ケアサロン 絹(silk)
タイトルとURLをコピーしました